2011.03.06 (Sun)

春の香り~中国春蘭

三寒四温のこの時期、心ときめく瞬間がある。それは、我が家の中国春蘭が知らせてくれる春の到来だ。
今年はまず、寰球荷鼎の愛らしくも豪華な花から始まった。
蓮の花びらに似たふくよかな花弁と、その草姿の美しさから、この世の最も美しい荷弁蘭という名を持つ、王者の風格漂う蘭だ。
寰球荷鼎
寰球荷鼎(かんきゅうかてい)

それに続いて、皇女とでも呼びたくなる、すらっとした気品と透明感漂う銘花、汪字が咲き出した。四大春蘭の一つだ。
汪字
汪字(おうじ)

中国茶の中には「蘭香」という例えがよく出てくるが、その場合の蘭とはこれら春蘭の香りを指すのだろう。
やや青臭さの中にも、すっとした気品があり、それを周りから甘い香りがやわらかに包み込む。何かが始まる新鮮さに満ちた香りに、心も解きほぐれ幸せな気分にしてくれるのだ。

安渓鉄観音は甘ったるすぎて、むしろこれらの蘭香とはいささか違ってくるような気がする。
台湾南投の高所に産する四季春など、まさに春蘭の香りと呼ぶにふさわしい。

19:20  |  香り事典  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chaxinkyo.blog45.fc2.com/tb.php/85-2dc802ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |