2010.08.27 (Fri)

蠱惑的な香り~ 夜来香

名前だけが有名、でも実態があまり知られていない花のひとつがこの「夜来香」(イェライシャン)ではないでしょうか?日本では夜香木というナス科の植物が夜来香と呼ばれていたりしますが、このガガイモ科の蔓性植物こそが本来のイェライシャンです。古代の中国では、その官能的な香りのため兵士の士気が下がるとまで言われたとか。確かにあえて言うなら妖艶な美女の香りとでも申しましょうか、メロメロになってしまうような強烈な個性をもった香りです。単に甘ったるいだけでなく、ツンと澄ましたスパイシーな刺激もあり、異国の香水そのもといった感じです。
これまで、台湾やベトナム、タイなどでこの花を使ったスープなどの料理も見てきました。
ちなみに、夜だけでなく昼間もしっかり香を放っています。(夜の方が強烈ですが)
毎年冬越しに苦労させられています。
夜来香
12:39  |  香り事典  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chaxinkyo.blog45.fc2.com/tb.php/68-18ceccf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |