2010.04.25 (Sun)

台湾 鹿谷郷のお茶 その1 ■ 凍頂、紅水、蝉涎香 

凍頂烏龍茶の産地として名高い鹿谷。そこで様々なお茶と出会いました。その中から美味しかったものをご紹介します。
100年烏龍茶樹を所有するお茶農家の三代目蘇世慶氏が伝統的な龍眼木の炭焙で作った凍頂烏龍茶です。
炭焙

  炭焙 凍頂茶(蘇世慶)
  一袋25g入 1500円

炭焙は大変難しい技法で、失敗するとスモーキーな不味いお茶となってしまいます。作り手の技量が一番問われる部分を見事にクリアして、甘みと芳醇さを引き出しています。

茶農家から優良な原材料を買い付け、独自に仕上げている林獻鎮、偉信親子が作り出す極品茶の数々。その中から3つ。
紅水凍頂茶
紅水

 茶王 紅水凍頂(林獻鎮)
 一袋25g入 1600円

濃厚さではこちらも負けていません。林氏曰く、紅水凍頂こそ本来の凍頂烏龍茶の味・香りを持つものだそうです。比較的高醗酵で仕立てられ、余韻の長さ、湯色の美しさなど茶師の技が光る逸品です。

蝉涎香 (貴妃茶)
蝉涎香

 蝉涎香(林獻鎮)
 一袋25g入 1600円


これまた、面白い名前のお茶です。ここで言う蝉とはウンカのことですね。凍頂版東方美人とおっしゃっていましたが、ウンカの食害を受けた茶葉が醸し出す特有の蜜香を取り入れたお茶です。確かにウンカが口を突き刺し、美味なる樹液を吸っている様が目に浮かびそうです。上の茶葉と共に、これらの茶葉は凍頂山より標高の高い、鳳凰山で採れた良質な高山茶です。

17:41  |  新入荷  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chaxinkyo.blog45.fc2.com/tb.php/54-36fa0dfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |