2016.04.08 (Fri)

蘭の茶会報告

4月3日は、蘭のお茶会にご参加賜り誠にありがとうございました。
当日は、日本春蘭Cymbidium goeringiiの生花を提供し、まず香りをかいでいただき、その後蘭香のする代表的なお茶を飲み比べました。
今回呈したお茶は、安渓鉄観音、奇蘭、四季春、玉蘭香単叢でした。最後はひっかけ問題で、蘭と名が付くものの、モクレンの一種白玉蘭の香りを彷彿とさせるお茶です。

日本春蘭以外に中国春蘭の大名花「寰球荷鼎」(かんきゅうかてい)もちょうど開花していたので、持ってまいりました。
寰球荷鼎
蓮弁の愛らしい気品漂う花です。

日本春蘭と中国春蘭の香りを比べると、日本春蘭が線香のような印象に対し、この寰球荷鼎はより透き通ったスパイシーさが立つ香りで、いかにも中国茶に現れる「蘭香」を思わせるものでした。

蘭と一言で言っても、日本、中国には数百を超える種があり、品種を入れれば1000は下らないほどなので、その香りも様々です。
昔より蘭として、愛でられてきたその代表選手が春蘭という事で、デフォルトの香りとも言える春蘭を感覚に刻んでいただき、お茶に潜む蘭香を感じ取るという今回の試みは、なかなか面白い経験となったようです。

最後に、花を湯に投じ「蘭茶」として飲んでいただきましたが、その高貴な香りがいつまで口に残る不思議な体験でした。

またのご参加をお待ちしております。

17:45  |  レビュー  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chaxinkyo.blog45.fc2.com/tb.php/276-cbb5df91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |