2013.06.24 (Mon)

中国紅茶 その2 漳平紅茶餅

福建省漳平市(しょうへいし)は水仙茶の産地として古くから有名で、もとてもユニークな四角い烏龍茶、漳平水仙茶を作っています。昨今の紅茶ブームを受け、この地でも紅茶作りがはじまり、四角い紅茶「漳平紅茶」が生まれました。
作り方が少々ユニークで、完全発酵まで終え、あとは乾燥に入る前の、半乾きの茶葉を四角い木枠に入れ、上から棒で押しながら、圧縮していきます。それを白い和紙に包み、その後乾燥させるという手の込んだ製造法です。

zhen1
こんな感じで、白い和紙につつまれています。重量はおよそ8g前後

zhen2
紙を開いて行くと、、

zhen3
だんだん

zhen4
四角い紅茶が現れました。

zhen5
1心1~2葉くらいで摘まれています。

zhenpingyedi
葉底です。若い茎も散見されます。


ベースが水仙烏龍茶だけあり、味もしっかりしており、煎がとても効くのがありがたいです。
1煎2煎めくらいの力強い味も良いですが、煎を重ねた後のすこしあっさりしてきた頃も、捨てがたい魅力を持っています。

漳平紅茶 1個 450円
17:20  |  新入荷  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chaxinkyo.blog45.fc2.com/tb.php/148-6a20b0fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |