2013.05.04 (Sat)

老茶?いえいえ、真打登場

昨日はお客様の御所望で、2年ほど経過した鳳凰単叢の一種、大葉烏龍を出させていただきました。
入荷当初は、やや青みのあるあっさりした烏龍茶だったのですが、2年の熟成期間を経て、素晴らしい香りを放つようになっておりました。
不思議なもので、香りは強くなり、刺激的な苦味が薄らぐというのが、この熟成の良いところかも知れません。

一般的にお茶は新鮮なものほど良いというイメージは、日本では主流かもしれませんが、中国などでは「老茶」と呼ばれる時を経て、熟成が進んだお茶が好まれる向きもあります。
古いほど良いと言われるプアール茶など有名ですが、紅茶や烏龍茶なども時を経た芳醇さを堪能できるお茶です。
しかし、これほど化けるとは思っておりませんでした。

「大葉烏龍」
あまりの美味しさに、在庫すべてお買い上げとなってしまいました。
また入荷できましたら、こちらでご案内させていただきます。
13:24  |  茶を語る  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chaxinkyo.blog45.fc2.com/tb.php/135-afcbcfd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |