2013.02.08 (Fri)

花粉症の季節 こんなお茶はいかがですか?【苦丁茶】【一葉茶】

まだまだ寒い日が続きますが、陽光は春めいてまいりました。春になると「辛い」という方が増えてきます。そうです、花粉症の季節でもあります。
最近、苦丁茶についてのお問い合わせが多くいただいております。苦丁茶は、植物学的には「茶」(Camellia sinensis)の一種ではないのですが、中国では健康のため多くの方に愛飲されている、保健飲料のひとつです。
一枚の葉を縒って棒状にしたもの(一葉茶いちようちゃ、とも呼ばれたりします)と、小さな芽だけでできたものの2種類がよく流通しております。
IMGP6254.jpg
苦丁茶(又の名を、一葉茶) 25g ¥800
IMGP6257.jpg
野生苦丁茶(又の名を、青山流水) 25g ¥1000

いずれも、お湯に投じると葉が開き、苦みがいっぱいに広がります。効能的にはどちらも共通するところがあります。解熱、解毒、炎症を治し血液の循環を良くする、など。
植物学的には大きな葉の方がIlex(モチノキ科)、小さな芽だけの方がLigustrum(モクセイ科)と違うようです。苦みも、棒状の方が強く、芽だけのほうは優しい味わいで飲みやすいとされます。
研究者による報告書によると、抗酸化、抗炎症、肝臓保護、生体内消臭作用などが確認されており、抗癌、血圧降下、アレルギーや加齢臭の予防なども期待できるとあります。とはいえ、薬ではないので、予防的に日常飲料としてご利用されることをお勧めいたします。
4袋以上お求めの場合は、送料無料(定形外郵便)にて発送も承ります。
大量に購入をご希望の方もお問い合わせください。
16:51  |  新入荷  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chaxinkyo.blog45.fc2.com/tb.php/133-ae61f28c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |