2011.10.02 (Sun)

普洱茶こぼれ話 <はじまり>

中国茶と言っても、日本でははたしてどれくらいの認知度があるのでしょうか?中国茶専門店として何年かやってきて、ここで出会った数々のお客様も、「あまり良く分からなくて、、」とおっしゃるのを聞くと、一般的な日本人の中国茶理解度は推して知るべしと感じます。そんな謎と誤解多き中国茶の中にあって、一番謎だらけなのが普洱茶ではないかと思います。
日本における普洱茶の定義も非常に曖昧模糊としたものだと察しますし、普洱茶の様々な側面がバラバラに独り歩きしているようにも見えます。これからしばらく、普洱茶について考えた事をここでご披露しつつ、まとめていければと思います。とはいえ、難しい話ではなく、日々感じた事を記す程度のことですので、お気楽にお付き合いいただければ幸いです。
16:23  |  茶を語る  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chaxinkyo.blog45.fc2.com/tb.php/105-01ac7f42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |