2011.09.19 (Mon)

雲南省西双版納旅行記 その4

9月6日勐海での活動もいよいよ最終日。この日は南糯山に樹齢800年を数える栽培型の老茶樹を見学に行きます。南糯山は勐海と景洪の間くらいにあり、茶の栽培も盛んな場所で、道沿いには大きな看板も出ているので観光客などの見学も多いと察せられます。案の定、山の入り口あたりは、さしずめ道の駅のように、地方の農産物やら土産間のなどを売る小さな屋台などあり、そこを通り過ぎ、山を登ると、所々お茶御殿(茶で儲け建てたであろう豪邸)が散見できます。更に車は奥地を目指し、一番奥まった所に、古茶研究基地なる組織の事務所へたどり着きます。その奥にも民家が散在します。このあたりは(またしても)哈尼族の部落で、良いお茶が作られています。
釜
お茶を炒る釜です。この時は使ってないので、食器が置いてありました。
釜裏
釜の炊き口。燃料は薪と炭です。
火場
こちらは煮炊きをする炉。

車を停め、いよいよ徒歩での山歩き。昨日の険しい山道に比べれば、田のあぜ道ほどの歩き良さ。それでもお目当ての老樹までは約1時間ほどかかりました。
南濡茶
この茶樹にも足場となる竹が立てかけてあります。

数十年、中には100年を越えるような老茶樹があちこちに散在する茶園を延々と歩いて行くと、一段と傾斜がきつくなるところがあります。道幅も細くなり、横からはみ出した枝に行く手を遮られつつ、それでも奥地へ行くと、突如、茶園の中ほどに現れます。
800年樹
樹齢800年といわれる栽培型の老樹。無論、Camellia sinensisです。
ここでもやはり有刺鉄線で厳重に保護されています。
その傍らに東屋があり、哈尼族の婦人が番をしつつ、突如やって来た珍客に茶を振舞ってくれるということでした。聞けば、昨日も日本人が数人来たとか。やはりここは観光地化しつつある場所なんだと実感しました。
老女南濡

余り時間もないので、老茶樹の計量を行い、女性に礼を言いお暇することに。
先ほどの古茶研究基地まで戻ると、朝、茶を天日干す仕事をしていたお爺さんがまだ外で何かやっていたので挨拶しました。なかなか聞き取れない訛りの強い中国語で何とか会話成立。このお爺さんは自分の部族は愛尼(アニ)族だと言っていました。今回出会った少数民族の方々に現地の言葉で「茶」を何と呼ぶかとインタビューしていたので、ここでも同じ質問をしてみると、答えはやはり同じ「ラー」でした。さらに面白い言葉を発見。それは「葉っぱ」をアニ族の言葉では「アッパ」と言うらしいです。とても日本語と近いなと一同驚きでした。
南糯山では山蛭の被害もなく、無事活動を終了し、この日の執着地、景洪へと移動しました。
きのこ
自由時間に市場に行きました。不思議な野菜、動物、魚、ありとあらゆるものが売られています。こちらはきのこ。左奥のビニール袋にあるのが、干巴菌と呼ばれる高級きのこです。日本の松茸に匹敵するものらしい。香りが良いとのことで、昆明の晩餐会でも頂きました。
竹筒茶
ここでも見つけました竹筒茶。内部にぎっしり茶葉が詰め込んであります。

ホテルにチェックインし、夜は西双版納自治州政府による、歓迎会。タイ族の民族舞踊を見ながら美味しいローカルフードに舌鼓を打ちました。
明けて9月7日。景洪から昆明へ移動し旅の最終日。買い物やら市内見学やらをこなし、夜は雲南省政府による歓迎会。市内の五星酒店の特別室をご用意いただき、接待に預かりました。贅を尽くしたおもてなしぶりに、中国の経済発展の現状を見る思いでした。
晩餐会
ここは中国?
がんば
干巴菌を使った炒飯。とても良い香りがします。黄色い入れ物はパンプキン。

ここでも、日本の茶文化表演として、抹茶のお手前など楽しい交流もできました。
色々と収穫も多かった今回の雲南旅行。お茶の原生地に足を踏み入れれば、茶の産声が聞こえてくる。そんな気持ちを新たに、持ち帰った沢山の茶葉をまたじっくり味わって見たいと思います。ご同行頂いた皆様、また中国で色々お世話になった多くの方々に、今一度心よりお礼申し上げます。
またいつか、こんな楽しい旅ができればと思っております。
<おしまい>
15:27  |  その他  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chaxinkyo.blog45.fc2.com/tb.php/104-78235803
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |