2015.12.17 (Thu)

1月31日(日)特別茶会 「現在進行形の紅茶」

特別茶会 「現在進行形の紅茶」

ここ数年、和紅茶が注目を浴びております。茶心居でも、愛知、静岡の優良なお茶の紹介をしてまいりましたが、店頭でも紹介しておりました、愛知県豊橋市のごとう製茶の後藤潤吏さんが、国産紅茶グランプリ2015において最高位を獲得いたしました。
せっかくの機会でもありますので、新年最初のお茶会は、後藤さんを向かえ、グランプリ茶はもとより、手作りの美味しいお茶の数々と、興味深いお話を伺う会を企画いたしました。ぜひご参加くださいませ。

日時:1月31日(日)14時~
場所:茶心居
内容: 
国産紅茶グランプリ2015で、見事グランプリに輝いた、豊橋・ごとう製茶 後藤潤吏氏を講師に迎え、氏自らが手がけたグランプリ受賞茶から、香り豊かな新品種の数々。また年末に訪れたブラジルでの製茶体験のお話など、手作り茶と紅茶の今、そして未来について語っていただきます。

定員:14名(満員になり次第、キャンセル待ちとなりますのでお早目のご予約をお願いいたします)

参加費:お一人2000円(お茶とお菓子付き)

必ずご予約の上ご参加ください。(右のメール又はお電話052-762-8814:茶心居・坪内まで)
16:59  |  イベントのお知らせ  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.12.17 (Thu)

1月からの新講座 普洱蔵茶 (プアール蔵茶)

日本において、中国茶の中でも普洱茶(プアール茶)について、なかなか系統立って学ぶ機会が少なく、いまだに謎、誤解が多いお茶です。中国、台湾では数多くの解説書や雑誌などが存在しますが、その中から比較的よくまとめられている本の一つを用い、神秘的なプアール茶の世界を探究してゆく予定です。

今回使用するテキストは呉徳亮著・撮影「普洱蔵茶」です。品茶教戦宝典とうたってありますが、地理、歴史、文化の総論から、骨董茶から近現代の茶の解説と鑑定方法、そして保存にいたるまで。プアール茶の楽しみ方をとことん追求した内容です。
豊富な写真も理解に大変役立つものと思われます。

初心者の方から上級者まで、お茶の飲みつつ、知識を深めてください。中国語の知識は不要です、すべて日本語解説なのでご安心ください。皆様のご参加お待ちしております。

**************************************
「普洱蔵茶」を読む 
テーマ 第一回 品茶と蔵茶の勝者となるには~骨董茶のコレクションと見方について
日時 2016年1月24日(日) 14時~
場所 茶心居
会費 お一人様1500円(お茶、お菓子付き)

尚、原書購買希望者はお早めにお申し込みください。1冊2000円前後(予定)にて取り寄せしておきます。
また、準備の都合で、必ずご予約の上ご参加ください。
よろしくお願いいたします。

10208775.jpg


16:11  |  イベントのお知らせ  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.12.17 (Thu)

12月の原書講読会(補講クラス) 27日(日)「台湾茶第一堂課」、28日(月)「鳳凰単叢」

11月からはじまりました新しいテキストを使っての中国語原書を読む講座。これまで出席できなかった方のために、特別補講日を設けました。これから始めたい方もぜひお越しください。

12月27日(日) ①12時30分~ 台灣茶第一堂課その1 ②14時~ 台灣茶第一堂課その2 (15時半終了予定)
12月28日(月) ①12時30分~ 鳳凰単叢その1  ②14時~ 鳳凰単叢その2 (15時半終了予定) 

会費:1講座につき 1500円(お茶とお菓子付き)

メールもしくはお電話でご予約の上、ご参加ください。
茶心居 052-762-8814 (坪内)

たいわん
ほうおう
15:33  |  イベントのお知らせ  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |