2014.03.18 (Tue)

3月28日(金) 中国茶会と創作茶葉料理のお誘い 伏見/茗華楼にて

3月28日(金)15時より、名古屋市伏見の茗華楼にて「中国茶音楽会」と称し、美味しい中国茶を楽しみながら二胡の生演奏を聴き、その後中国茶を使った、創作中国茶料理コースを楽しんでいただく企画いたしました。
定員20名ですが、まだ若干お席が用意できますので、参加ご希望の方は当方までご予約お願い致します。

第二回 茗華楼 中国茶音楽会
3月28日(金) 15時~ 中国茶会(二胡の生演奏を楽しみながら)
        18時~ 中国茶葉料理
会費 お一人様5000円
ご予約のお客様のみ。当日参加はできません。

よろしくお願い致します。
ちらし

14:05  |  イベントのお知らせ  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.03.18 (Tue)

【第一回美人茶会@茶心居】 ご来場ありがとうございました

この度は第一回美人茶会にお運びいただきまして、誠にありがとうございます。
中国茶指導・老師、日本事務局長、清水真理氏のご協力の元、実に奥深く楽しい会となりました。
皆様のお蔭でとても内容の濃い面白い会となりました。ご参加いただけなかった方の為に、ここに少しだけ当日の様子をご紹介できればと存じます。
DSC_0784.jpg
DSC_0782.jpg
今回の目的は、ひたすらさまざまな東方美人茶を飲み、そこから東方美人とはどんなお茶なのか、ぼんやりとした枠組みを見つけていただくという事でした。数十を超える東方美人茶の数々、、一度にこれほど見るのは台湾でも不可能かも、、、今回5時間で何種類の品茶ができるでしょうか。
DSC_0781.jpg
清水さんにはスペシャルなお茶の数々に加え、これまた国宝級の茶器までご持参いただき会に華を添えていただきました。荷ほどきをしていた時なので、写真が悪くて恐縮ですが、この美しい蓋碗は暁芳釜の蔡先生の作品です。手に触れることが出来ただけでも幸せです。
DSC_0783.jpg
更に更に、お茶請けとして、名古屋では中々口にできない、日本を代表する菓子職人の一人であるイデミ・スギノ(HIDEMI SUGINO)氏のホワイトデー限定のPrintanier!!(手前のリボンのついた銀の箱)
その他、ご参加の皆様より沢山お茶請けの差し入れを頂戴いたしました。重ねてお礼申し上げます。
DSC_0805.jpg
結局、5時間で17種類を品茶しました。作り手の数だけお茶があると言えますが、一言に東方美人茶と言っても、見た目も味も実に様々。これはどバリエーションに富んだお茶もそうそうなく、またこうして一度に飲み比べをすることにより、共通する何かと、違う何かを体感できると思います。自分にとって良いお茶とは何か、発見のきっかけにしていただければ幸いです。
今後ともこのような楽しい企画を展開できればと存じます。またのご参加心よりお待ちしております。清水様はじめ、ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。

次回は5月25日に、中国緑茶にスポットをあて、中国十大名茶の内、全ての緑茶を新茶で飲み比べる企画を計画しております。
詳細が決まりましたらまたこちらでご案内申しあげます。今後ともよろしくお願いいたします。

13:56  |  レビュー  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.03.06 (Thu)

3月のデザート 《菜の花畑のロンド》

何時もお楽しみいただいておりますパティスリーブランシュのオリジナル中国茶デザート。
今回は春をテーマにした《菜の花畑のロンド》です。

1、パンプキンケーキ
2、マンゴムース
3、ブロッコリーのパン
4、中国緑茶の生チョコ

菜の花畑のロンド

一皿400円。ぜひお試しください!!
19:03  |  デザート  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.03.06 (Thu)

3月23日(日) 14時~ 原書で学ぶ中国茶講座 紅茶用品種編

中国語で書かれた興味深い原書を解説しつつ、新しい情報等皆で勉強していく企画です。
初心者の方も、中級者の方にも役立つ情報を探し、ご紹介していきます。
ぜひご参加ください。

*************

茶心居の『原書で学ぶ中国茶講座』 「中国茶の主な品種について」その2 紅茶に適した品種

講師 坪内浩文(茶心居代表)
日時 3月23日(日)14時~15時30分
場所 茶心居
会費 1500円(お茶、茶菓代含む)

*************

お申込みは、右のメールフォームまたは
電話052-762-8814(担当 坪内)にてお願い致します。
よろしくお願い致します。
18:59  |  イベントのお知らせ  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |